年末調整ってなに??

当ブログは誰でも読めるよう、わかりやすさを重視してます。

のり
のり

こんにちは。のりです。
このブログでは、会社員の僕が普段学んだことを、フィードバックのために設けたページです。
よくわかんね〜経理的なことを、できる限り専門用語等を使わずに自分の言葉で解説してみますので、ぜひ最後までお読みください。

この記事を読んでわかること。
  • 年末調整ってそもそも何?
  • あの紙切れで何の意味があるの?
  • 書かないとどうなる。

年末調整ってそもそも何?

一言でいうと、1年間の源泉徴収された所得税の過不足を調整するものです。

これだけ聞いてもよー分からんとおもうので、年末調整の前に源泉徴収からいきましょう。いやその前に確定申告だ。。まずは確定申告をググります。

所得税及び復興特別所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です。

分かるような分からないような、、、

簡単にいうと日本で所得税を納めるときは自分で計算して税金がいくらですよ!っていうのを自己申告して、納めるっていう方法をとっています。この方法を確定申告といいます。

確定申告と聞くとめんどいとかマイナスイメージを抱くけど、実際は逆で税金を自己申告出来る有難い制度なのだ。

だって勝手にお国様が君の税金は100万円ね!とか、こっちの事情を知らないでやられたらヤでしょ?

そして日本では日本国民全員にこの確定申告をしてもらって、そんで税金を徴収しますよっていう全員申告制をとっています。

でもこれっておかしいですよね?それなら子供だろうが、おじいちゃんおばあちゃんだろうとも全員が確定申告をしないといけない。 

確かに。。確定申告なんて嫁の出産の時以来やってないかも。。

それなのに、僕らって会社に入るまでこの存在すら知らないでしょ?それは何でかというと、ここで源泉徴収という制度が出てくるのです。

 この理想的な全員申告制だが、一個問題がある。それは徴収する側、つまり税務署側がすっごく大変ということだ!

だって日本国民全員1.265億が一斉に申告したらどうよ!!無理でしょ。見れないでしょう。

そこで税務署も考えたどうやったら、全員から取れるか、しかも簡単な方法を。。

それが、源泉徴収!要は国民の手元に行く前に給与から税金をとってしまおう!

図解することこんな感じ

しかも、その徴収する仕事を企業にやらせれれば、自分たちチェックしなくてよくなるからさらに楽じゃね?

じゃあ、企業に税金を徴収させることを法律化して、やらなかったり、間違えたら企業の罰則にするか!!

という恐ろしい制度なのだ。これはその昔ナチスドイツが作ったものだが、これは都合がいいということで日本でも模範され今に至ります。

なので我々は自身で納税することがないので、今日至るまで確定申告を知らないで生きてきたのです。

これで源泉徴収は理解できたかと思う。では、年末調整のとは何か?冒頭の文章を再度見てみよう!

年末調整とは?

一言でいうと、1年間の源泉徴収された所得税の過不足を調整するものです。

入社した時の初めての給与明細を覚えているだろうか。おそらく既に所得税がとられてるはず。

会社だから当たり前か〜と思うかもだが、よく考えるとおかしい。所得税を計算するには、年収以外の情報も把握しないと計算できないはず。

それなのに会社はど〜やって所得税の金額を把握できたんだろう?

答えは、この源泉徴収で引かれる所得税は、大雑把に計算しているのです。

そうか。会社も社員一人ひとりの細かい情報までは把握できないから、仕方ないよね。

税金の仮押さえみたいなものね

そう。みんなが初めてもらった給与も多分こいつの年収これぐらいだろう。。みたいな感じでざっくり計算した所得税が引かれているんです。

しかし、サラリーマンといえど、奥さんがいたり、子供がいたり、自分が障害者だったり、保険に入っていたりと1人ひとりの所得税が違うのだ。

それを今までてきとー概算で計算した所得税を、あるべき所得税金額にもっていくのが年末調整なのです。

なので、年末調整の資料は、それら所得税計算に必要な情報を収集するためのものである。

だから保険料の控除申請書を添付したり、家族構成に変更があったら、変更して下さいなどと個人情報まがいなことを届なくてはいけないのはそーゆーこと。

これらの事情を考慮して、やっぱり多く取り過ぎていたなーっていう所得税は、12月の給与で戻ってきます。

大体の場合は還付されることとなる。だから、年末調整はちゃんとやった方がいいよw損するから。

なので、早く出せ!とか間違ってるよ!とか電話かかってくるのは、みんな間違えると所得税多くとられちゃうよー!いいの??ということを危惧してるのだ。

嫌がらせしてる訳ではないんだね。

さて今回年末調整について長々と説明したのは、この辺を何となーくにしてる人がほとんどで、ちゃんと理解してる人ってめっちゃ少ないと感じたためです。

てか僕自身もよくわかってなかったww 前職の総務はググれカス状態だったのでww

そのため年末調整=サラリーマン。確定申告=自営業ぐらいに考えていた。

ここまで読んでくれれば、上の算式はおかしいことが分かるはず。

だってサラリーマンでも副業などをする場合は、確定申告が必要になるからね。

副業収入の源は企業じゃないから。

知らないわかんないって、めっちゃ損するよね!って最近よく思うことが多いのでこの度筆をとらせて頂きました。

まとめ

まとめ

  • 年末調整ってそもそも何?
    • 1年間の源泉徴収された所得税の過不足を調整するもの
  • あの紙切れで何の意味があるの?
    • 所得税の再計算
  • 書かないとどうなる。
    • めっちゃ損するww

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA